沖縄タイムス+プラス ニュース

【深掘り】和解協議に影響懸念 国「最悪の時機」米兵準強姦 県「触れざるを得ない」

2016年3月15日 07:42

 繰り返される米兵の事件・事故に、翁長雄志知事は強い憤りを示し、米軍や政府関係者は謝罪に追われた。名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国と県の対立が続く状況。裁判で和解後の初協議が23日に設定される中で、県関係者は「政治と絡めるべきではないが、触れざるを得ないのが沖縄の現状だ」と困惑する。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS