沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍北部訓練場跡に有害物質 田代豊教授が分析 農薬DDT類廃棄か

2018年5月20日 11:52

 2016年に返還された沖縄県国頭村安田の米軍北部訓練場跡地の土壌から、毒性が高く使用が禁止されている農薬のDDT類やBHC類が検出されていたことが19日までに、名桜大学の田代豊教授(環境科学)の分析で分かった。田代教授は「DDTとBHCは自然界に存在しない。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください