「琉球料理」および黒麹(こうじ)菌(きん)による「琉球泡盛」文化圏の世界無形文化遺産への登録を目指す世界遺産登録推進委員会(安田正昭委員長)は、2017年以降に登録への機運を高める県民運動を本格化させる。2020年以降に日本政府、ユネスコに登録を申請するなどのタイムスケジュールを描いている。