【浦添】米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)周辺4地点で浦添市が捕獲したハブとネズミから有害物質のポリ塩化ビフェニール(PCB)や使用が禁止されている農薬のDDTが高濃度で検出されたことが分かった。市が15日、調査結果をホームページで公開した。