2010~14年の沖縄県内のインフルエンザによる死亡率が、全国で最高だったことが17日、分かった。5年間平均の10万人当たりの死亡者は1・24人で、最少の和歌山県0・46人の2・7倍だった。