「安室ちゃんは沖縄の誇り」「言葉にできないくらいうれしい」。国内外で愛される歌姫の県民栄誉賞受賞に、県内のファンは喜びの声を上げた。

配布された号外に見入る安室奈美恵さんのファン=23日午後6時52分、那覇市久茂地(金城健太撮影)

 安室さんを25年前から応援している比嘉麻紀子さん(36)=うるま市=と大城絹代さん(40)=沖縄市=は「一目だけでも」と県庁ロビーに駆け付けた。

 比嘉さんは「AtoZだけじゃ足りない」と安室さんの歌詞を引用し「言葉にできないくらいうれしい」と歓喜。大城さんは「安室ちゃんが全国に沖縄を知らせてくれた」と涙ぐんだ。

 県外のファンから、受賞を伝える新聞を送るよう依頼された。比嘉さんは「安室ちゃんの故郷だからと多くのファンが沖縄に来てくれる。経済効果もものすごい」とたたえた。

 両親や姉の影響で物心ついた時から安室さんの歌を口ずさんでいたという桑江咲さん(27)=那覇市=はファン同士の交流で海外にも友人がいると言い「県民栄誉賞のことを伝えたい。沖縄の誇り」と声を弾ませる。「安室ちゃんを通して、世代や国を超えて人がつながっているのがすごい。ずっと私たちのヒーロー」と話した。

本紙が号外5千部

 県出身歌手の安室奈美恵さん(40)の県民栄誉賞受賞を受け、沖縄タイムス社は23日夕、号外5千部を発行し、那覇市や沖縄市、うるま市街頭などで配布した。