沖縄タイムス+プラス ニュース

【深掘り】西普天間の重粒子線施設 判断先送りの背景は

2016年3月20日 11:51

 沖縄県が米軍キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区跡地に建設を検討する重粒子線治療施設の有識者委員会の報告書がまとまり、16日に翁長雄志知事に報告された。最大の課題となる採算面では「安定運営は可能」としながらも、海外患者の受け入れ体制など前提条件が整っておらず、本年度内に予定していた知事判断は、お預けに。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS