沖縄タイムス+プラス ニュース

「北朝鮮情勢変わる、新基地必要ない」 土砂搬出反対協メンバー、辺野古で訴え

2018年5月28日 14:16

 「ふるさとの土を戦争に使わせない」を掲げ、辺野古新基地埋め立て土砂の搬出に反対する「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」のメンバーが28日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みをした。

新基地建設阻止に向け連帯を誓う「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」のメンバー(左側)=28日午前11時45分、米軍キャンプ・シュワブゲート前

 メンバーの湯浅一郎顧問は「北朝鮮情勢も変化しつつあり、在日米軍強化に向かう時代ではない。辺野古に基地をつくる必要はないはずだ」と訴えた。同協議会は6月中にも新たに土砂搬出反対の署名を追加で集める考え。阿部悦子共同代表は「土砂が投入されれば取り返しがつかない。署名を全国にさらに広げ、沖縄のみなさんと一緒に取り組みたい」と話した。

 午後0時半現在、シュワブゲートからは工事車両が午前9時、正午と2回に分けて計200台余り入った。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS