台湾の大学に進学する沖縄の高校生が増えている。県内の台湾大学進学塾4校の進学者数は2017年度計61人で、14年度の計3人から急増している。学費や生活費の割安感や距離の近さなどが台湾進学を後押しするが、十分な語学力を備えずに入学し、授業についていけず退学する事例も出ている。