沖縄県は23日、名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに対する国の「是正の指示」を違法として、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(係争委)に審査を申し出た。国と県が争った裁判の和解条項に基づく手続きが一つ進んだ。  地方自治法では係争委が90日以内に結論を出すことになっている。