沖縄・基地白書

沖縄・基地白書(29)「最近は23時過ぎても訓練ある」夜の静寂を破る飛行 形骸化する負担軽減

2018年6月11日 06:47有料

◆第1部 被害 普天間の騒音 街のど真ん中に居座る米軍普天間飛行場は、2017年に相次いだ米軍機の落下物事故で住民に不安を与えるだけでなく、飛行訓練で日常的な騒音をまき散らし続けている。 沖縄防衛局が実施した17年度の騒音調査は、70デシベル(騒々しい街中の音)を上回る騒音を市内4カ所で測定した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気