【那覇】昨年9月に軽便鉄道那覇駅の転車台とみられる遺構が発見された那覇市泉崎のバスターミナル再開発工事現場で、3月上旬に新たに車両の点検溝とみられる遺構2カ所が見つかり23日、旭橋都市再開発が報道陣に公開した。  点検溝とみられる遺構はいずれも長さ約8・6メートル、幅約1・6メートル。