沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ・19人死亡事故「要因は複数」 国防総省が修正

2016年3月26日 05:22
9秒でまるわかり!
  • 米海兵隊オスプレイMV22が2000年、米国内で墜落し19人が死亡した
  • 国防総省は「操縦ミス」との当初の結論を「複数の要因」と修正した
  • 回転翼機特有の失速現象「VRS」回避のマニュアルや指導不足を指摘

 【平安名純代・米国特約記者】米アリゾナ州で2000年4月に19人の死者を出した米海兵隊オスプレイMV22の墜落事故原因をめぐり、米国防総省は、操縦ミスなどの人的要因が事故を招いたなどと結論付けていた当初の見解を改め、複数の要因が事故につながったなどと修正していたことが24日までに分かった。

 事故発生時に同機を操縦し死亡した海兵隊員2人の妻らが、夫の汚名をそそぎたいと訴え活動してきたのを受け、ウォルター・ジョーンズ米下院議員(ノース・カロライナ州選出)が国防総省に再調査を依頼。同省はロバート・ワーク副長官の主導で再調査を実施した。

 ワーク氏がジョーンズ議員に送った2月11日付の書簡によると、事故当時、開発段階にあったオスプレイの操縦マニュアルには、回転翼機特有の失速現象であるVRS(ボルテックス・リング状態)を回避する対応などに関する記述が不十分で、操縦士の指導が不足していた点などを指摘。

 ワーク氏は「人的要因が事故を起こしたことは疑いようがない」と前置きした上で、「私は同事故の原因がたった一つの『致命的な要因』によるものと断定するのは不可能との結論に達した」と言明。「むしろ、一連の意思決定や(事故発生時の)事象や状況など複数の特別な要因が事故につながった」と指摘した。

 オスプレイの専門家で米国防総省の国防分析研究所のリボロ元主任分析官は本紙に対し、「私は当時から、VRSに関する危険性を指摘し、フライト・マニュアルに回避策などの記述が欠如していると指摘してきた」と述べた。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!