【東京】今月で閉所する早稲田大学「琉球・沖縄研究所」(勝方=稲福恵子所長)の最終企画「世界にひろがる琉球芸能」が26日、同大であった。歌や三線、琉球舞踊など戦後の沖縄を元気づけた多彩な芸能で、10年の活動に一区切りつけた。