キャンプ・シュワブは辺野古区が米軍に条件付きで接収を容認した 村も区も反対したが、米軍は強制立ち退きや一切の補償拒否を通告 米軍との交流は「事件をなくすためにうまく付き合う。生活の知恵」