早期発見が難しく治りにくいとされる膵臓(すいぞう)がんの患者支援団体、NPO法人パンキャンジャパン(東京)の沖縄県支部が今月発足し、患者・家族や医療関係者への活動周知に動いている。支部長を務めるのは沖縄赤十字病院の看護師、島袋百代さん(49)。