沖縄タイムス+プラス プレミアム

「辺野古」建設で発注ミス 土砂投入時の濁水流出防止対策 変更で事業費13億円増

2018年6月4日 08:33

 名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が埋め立て区域に土砂を投入する際の濁水の流出を防ぐ環境対策を巡り、業者に当初発注した内容を変更していたことが3日までに分かった。フィルターとして海砂を使用する方法から、防砂シートや汚濁防止シートを使用する方法に変更し、事業費は約13億円増加。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS