沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市長と辺野古周辺の3区長、菅官房長官と面会へ 補助金支援など要請

2018年6月4日 16:09

 名護市の渡具知武豊市長と辺野古新基地建設現場に近い久辺3区(辺野古、豊原、久志)の区長が5日、菅義偉官房長官と首相官邸で面会することが分かった。区長らは、政府が廃止を検討している3区への直接補助金への支援や米軍キャンプ・シュワブ内での演習による騒音への対策などを求めるという。

(資料写真)護岸工事が進む名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部=2月

 直接補助金に関しては、廃止後、名護市が再編交付金を通じて支出する形で継続する方針を固めている。菅氏は新基地建設で影響を受ける3区への事実上の「迷惑料」として2015年に直接補助金を創設しており、名護市や3区に対し支援する考えを伝えるとみられる。市長と区長らは小野寺五典防衛相とも面会する予定。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS