法人タクシーの運転手を登録し、運転手の違反情報などを全国で一括管理する新しい登録制度が4月から始まる。駐車違反や事故などを点数化し、時速50キロ以上の大幅な速度違反は4点など、違反内容に合わせて道交法と違う点数を付け、計7点以上になると講習を受けることを義務付ける。