布団の丸洗いができるコインランドリーを経営するランドリージロー(南風原町、森下洋次郎代表)と、琉球大学発のベンチャー企業でスキンケア商品の研究開発や製造販売を行うGrancell(西原町、グランセル、野村紘史代表)は6日、沖縄県庁で会見し、業務提携したと発表した。新事業「Dr.ジロー」を立ち上げ、布団を丸洗いすることで得られる効果を医学的に検証する。県内初の取り組みだという。

業務提携したランドリージローの森下洋次郎代表(左)とグランセルの野村紘史代表=6日、県庁

 データを基に布団の常識を「干す」から「洗う」へ変え、ランドリージローは年内に予定している県外出店へ弾みを付ける。グランセルは新たな商品やサービスの展開につなげたい考え。

 布団を干した場合と丸洗いした場合を比較し、(1)ノミやダニ、ハウスダスト、PM2・5などがどの程度除去されるか(2)生地の柔らかさや通気性がどう変わるか-などを数値的に分析する。睡眠の質や呼吸器疾患、アレルギー疾患に与える影響についても県内の医療従事者や医療施設の協力を得て調べる。

 ランドリージローは現在、コインランドリー「フトン巻きのジロー」を県内に10店舗展開。県外の病院やドラッグストアなどへ年内にも併設する計画で、森下代表は「布団の丸洗いを習慣にし、健康管理に役立てたい」と話した。