台風5号は、8日正午現在、フィリピンの東を時速15キロで北西へ進んでいる。今後沖縄の南海上に達し、10日には大東島地方に接近する見込み。沖縄本島地方と大東島地方では、9日はうねりを伴いしける見込みで、沖縄気象台は海上や海岸付近での高波に十分注意するよう呼び掛けている。