自家船で今帰仁海岸の比較的浅い一帯(水深6~7メートル)に繰り出し、備え付けの魚探を使ってピンポイントで魚を追う安次富真吾さん。ソナーは水中の物体を音波を利用して探知するため非常にヒット精度の高い場所へ仕掛けを届けられると話す。