【東京】県による県民意識調査で米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「反対」が58・2%、「賛成」が25・5%になったことに対し、島尻安伊子沖縄担当相は1日の閣議後会見で「沖縄には、さまざまな意見、考え方がある。その一端が現れたものではないか」と答えた。