【マニラ共同】海上自衛隊の護衛艦「ありあけ」「せとぎり」と練習潜水艦「おやしお」が3日、南シナ海に面するフィリピン・ルソン島のスービック港に入港した。対潜ヘリコプターや哨戒機のパイロットをしている初級幹部自衛官の練習航海の一環で、潜水艦の参加は15年ぶりとなった。海自の潜水艦のフィリピン寄港も15年ぶり。

フィリピン・ルソン島のスービック港に入港する海上自衛隊の練習潜水艦「おやしお」。右奥は護衛艦「ありあけ」=3日(共同)

 潜水艦を除く護衛艦2隻は6日に出港し、南シナ海を通ってベトナムのカムラン湾に向かう。日本側には、南シナ海の軍事拠点化を進める中国と対立するフィリピンとベトナムへの寄港で両国との関係強化を示し、中国をけん制する狙いがあるとみられる。