国の天然記念物ヤンバルクイナが、自身の体長の2倍近い推定全長58センチのリュウキュウアオヘビを捕食する様子が、沖縄県国頭村の西銘岳の森で記録されていたことが分かった。体長より大きなヘビの捕食を記録したのは初めてとみられる。