沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍「県が来るなら」抗議受け入れへ 沖縄F15墜落

2018年6月15日 11:09

 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落した問題で、米空軍は15日午前、抗議を受け入れると沖縄県に伝えた。墜落を巡っては県が抗議を調整していたが、事故発生から3日が経過した14日まで米軍が申し入れを受け入れない異例の事態となっていた。

(資料写真)米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機

 県によると、米側は県庁を訪れることは受け入れなかったが、県側が嘉手納基地を訪れるならば対応すると回答したという。抗議は週明けになる見通し。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気