沖縄タイムス+プラス ニュース

つえついた女性を後ろから押す場面も 辺野古反対の市民を強制排除

2018年6月15日 14:33

 名護市辺野古の米軍キャンプシュワブゲート前では15日、新基地建設に反対する市民約25人が資材を積んだダンプカーの搬入を阻止するため座り込んだ。

座り込む市民に退去するよう求める警察官=15日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 午前9時ごろと正午ごろには、砕石や木材を積んだダンプカーを基地内に入れるため県警が市民らを強制排除した。つえをついた女性を後ろから押す場面もあり、市民らは「歩くのが困難な女性に暴力を振るい、恥ずかしくないのか」と怒りの声を上げた。

 また、市民らは台風対策のためテント村のブルーシートを外し、のぼりを撤去した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS