【嘉手納】米軍嘉手納基地の即応訓練が始まった5日、模擬爆弾による爆発音やサイレンが午後9時以降に断続的に響いた。基地上空の閃光(せんこう)や煙も確認された。嘉手納町に寄せられた苦情は「眠れない」「怖い」など17人から計34件。町は6日、不安を抱える住民の声を米軍に伝えるよう沖縄防衛局に要請した。