高齢者の視力低下を来す代表的な病気として白内障があります。白内障とは目の中の水晶体(レンズ)が濁った状態です。白内障は加齢とともに発症、進行しますので、少なくても60歳を超えればすべての人にみられます。