沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古立ち入り要求へ 沖縄県、大型サンゴ調査で

2018年6月20日 11:47

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て予定海域内で、沖縄防衛局が未確認とする二つの大型サンゴが存在する可能性について、謝花喜一郎副知事は20日の県議会(新里米吉議長)代表質問で、現地の状況を確認するため、防衛局に対し、県の立ち入り調査を認めるよう求める考えを示した。赤嶺昇氏(おきなわ)の質問に答えた。

護岸建設が進む名護市辺野古のキャンプ・シュワブと沿岸海域=2018年4月20日

 沖縄防衛局は長径1メートルを超える大型サンゴは、単独であっても移植の対象としている。謝花氏は、防衛局が未確認と主張する海域で、移植対象の1メートルを超える大型サンゴが確認された場合には「防衛局にサンゴ類の調査のやり直しを求める必要がある」と話した。

 二つの大型サンゴは朝日新聞社の撮影した航空写真で、辺野古海域の「N3」護岸と辺野古崎の近くに2群体が確認できる。市民団体や環境団体は2メートル以上のシコロサンゴと、1メートル以上のハマサンゴを発見したと訴えてきたが、防衛局は「移植対象となる大型サンゴはN3護岸付近で確認されていない」と回答している。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS