沖縄タイムス+プラス ニュース

変わる北朝鮮情勢、変わらない辺野古基地 翁長沖縄知事が疑問視

2018年6月20日 12:27

 沖縄県の翁長雄志知事は20日午前の県議会(新里米吉議長)代表質問で、史上初の米朝首脳会談の開催など東アジアの安全保障環境が変化の兆しを見せる中で「あと10年以上、1兆円近くかける辺野古新基地は何のために造るのか」と、名護市辺野古の新基地建設に疑問を示した。

沖縄県の翁長知事

 また「国際情勢がダイナミックに変わり、各国が迅速に行動を起こしているのに、日本政府の動きが見えない」と強調。「米韓合同演習の中止が決まるなど数カ月前では考えられない話が出ているにもかかわらず、何ら関係なく辺野古の新基地を着々と造るようでは心配である」と語った。

 翁長知事は昨年9月に沖縄で、今年3月にワシントンでペリー元米国防長官と面談した際、1996年に普天間飛行場の返還で合意した時から、沖縄県内への移設を条件としてきたのは「北朝鮮の存在が大きい」と聞かされたと説明。「日朝首脳会談が前向きに開催される場合には、沖縄として過重な基地負担の軽減に向けて、しっかりと対応策等を申し上げたい」と述べた。

 いずれも赤嶺昇氏(おきなわ)の質問に答えた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS