【東京】米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリ着陸帯(ヘリパッド)の移設工事で、政府が年内の完成を目指していることが7日、分かった。完成すれば訓練場の過半を返還できることから、基地負担の軽減に取り組む姿勢をアピールし、県と対立が続く名護市辺野古の新基地建設問題を有利に運ぶ狙いもありそうだ。