沖縄県の謝花喜一郎副知事は21日、米軍キャンプ・シュワブが近接する名護市数久田の民間地の小屋で銃弾のようなものが見つかったことを受け「警察が通報を受けて捜査中という情報しか入っていないが、米軍の銃弾ならば一歩間違えれば大変な問題で、怒りを禁じ得ない」と述べた。県庁で記者団に語った。

名護市数久田で見つかった銃弾について質問に答える謝花喜一郎副知事=21日夜、県庁

 警察の捜査を待つ考えを示す一方で、県内では昨年も名護市に隣接する恩納村安富祖の基地内で日本人作業員の車などに流弾が当たったことに触れ「昨年の事故も米軍に抗議した。もし今回も米軍の銃弾ならば、反省がなされていないということだ」と述べた。