沖縄タイムス+プラス ニュース

平和を願い、祈りささげる 沖縄はきょう「慰霊の日」 戦後73年 不戦と恒久平和を発信

2018年6月23日 04:59

 23日は「慰霊の日」。多くの住民を巻き込み、苛烈(かれつ)な地上戦となった沖縄戦の組織的戦闘が終わってから73年となった。沖縄県内各地で20万人超の犠牲者を追悼する行事が営まれる。

平和祈念公園内にともされたコップキャンドルを見つめる親子連れ=22日、糸満市摩文仁(古謝克公撮影)

 糸満市摩文仁の平和祈念公園では午前11時50分から県などが主催する沖縄全戦没者追悼式が開かれる。正午の時報に合わせて黙とうし、戦没者に祈りをささげる。追悼式では翁長雄志知事が平和宣言を読み上げ、不戦と恒久平和を希求する沖縄の思いを国内外に発信する。安倍晋三首相と衆参両院議長が来賓あいさつするほか、福井照沖縄担当相や小野寺五典防衛相、加藤勝信厚労相も出席。外務省は河野太郎外相は海外出張のため、佐藤正久副大臣が代理で参列予定。

 国籍を問わず、沖縄戦などの戦没者の名を刻む平和の礎には、今年新たに58人(県内47人、県外11人)が追加刻銘され、計24万1525人となった。

 22日は平和祈念公園で灯籠流しがあった。那覇市の赤嶺陽茉里(ひまり)さん(14)、依乙里(いおり)さん(12)姉妹はこの日、祖母や父と共に、曽祖父や親戚の名前が刻まれた平和の礎を訪問。沖縄戦当時2歳だった祖母が、公園そばの壕に家族で避難していたという話を初めて聞いた。

 陽茉里さんは「今はこうやって家族で来られるくらい平和だけど、昔は大変だったと思う。生き残った人のおかげで自分がいると感じる」。依乙里さんは「こんな戦争が起きないよう、平和な世界になってほしい」と願っていた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS