日本で一番早い花火大会「第13回琉球海炎祭」(主催・同実行委員会)が9日、沖縄県宜野湾市の宜野湾海浜公園であり、人気の懐かしい音楽やCMソングなどに合わせて1万発の花火が夜空を彩った。  前日からの大雨で悪天候が懸念されたが、夕方ごろから晴れて花火大会にふさわしい空模様に。