宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」が沖縄県宮古島市の平良港沖の防波堤に衝突した事故で、第11管区海上保安本部は9日、乗組員15人全員が負傷し、うち3人が骨折する重傷だったと発表した。3人はそれぞれ顔面、肋骨(ろっこつ)、左腕を骨折。同本部は乗組員から状況を聞き取り、事故原因を調べている。