沖縄本島内の26市町村が子の貧困対策事業(内閣府)を計画している 「支援員の配置」「居場所の運営支援」の2事業で、国が全額補助する 実施予定のない12町村は離島で、人材が足りず踏み出せない状況だ