沖縄タイムス+プラス ニュース

「なぜ米軍は急に抗議を受けなくなったのか」 沖縄F15墜落 北谷町議会も面会拒まれる

2018年6月27日 06:26

 北谷町議会(田場健儀議長)は25日、沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機の墜落事故などに抗議した。町議会は同基地の第18航空団にも直接抗議する予定だったが「窓口は防衛局だ」などと拒まれている。

米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機

 中村重一副議長は「なぜ米軍は急に抗議を受けなくなったのか。基地被害が増える一方の中、あり得ない対応で屈辱を感じる」と米側へ対応を促すよう強く求めた。

 航空団が直接抗議に応じない理由に挙げた「在日米軍のガイドライン(手引)」に関し、中嶋局長は「知らない」と述べ、米軍に内容を照会したが「(手引は)見せられない」と回答があったことを明らかにした。

 伊藤晋哉企画部長は「私たちとの調整はないにもかかわらず、そうした回答をしている。米側に『地元議会と対面して声を聞く必要がある』などと強く申し入れている」とした。

 町議会は、同基地への相次ぐ外来機の飛来と旧海軍駐機場の使用、米軍人による道路交通法違反事件・事故にも抗議した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS