沖縄県は11日、自然災害や航空機事故を具体的に想定し、行政や観光業界の対応策をまとめた「県観光危機管理実行計画」を策定した。部長級が委員を務める県観光推進本部(会長・翁長雄志知事)で決定した。  計画は、市町村や各観光協会、ホテルの業界団体に送付し、4月中旬までに県のホームページで公開する。