「ぶながやの里」を宣言する沖縄県大宜味村には、森にすむといわれる妖精「ぶながや」の目撃者が大勢いる。謝名城の前田国夫さん(72)もその一人。中学2年生だった1957年の初夏を振り返る。 その日はなぜか早朝4時ごろに目が覚めた。集落内の掃除が住民の日課だった。