沖縄では1日7匹、年間2684匹の猫が車にひかれ死んでいる 年間の殺処分に並ぶ多さで、発情期を迎える春は特に危険 放し飼いなどあいまいな飼い方や、車が迫ると固まる習性が原因