沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県警が銃弾と断定 米軍に同型銃弾の提供要求へ

2018年6月28日 16:37

 在沖米軍キャンプ・シュワブの実弾演習場「レンジ10」に隣接する名護市数久田の農作業小屋で銃弾のような物が発見された問題で、沖縄県警は28日、鑑定の結果、発射された銃弾と判明したと発表した。県警科学捜査研究所が調べていた。発射された銃弾に付く「線条痕」があったため、銃弾と特定した。

パトカー(資料写真)

 名護署は同日中に、在沖米海兵隊に対し、現場で回収した銃弾と同型の銃弾の提供を求める。米軍側から提供があれば、銃弾を照合し、訓練中の流れ弾である可能性を調べる。

 小屋を所有する男性が21日、ガラスに開いた穴や割れた腰高窓に気付き銃弾を発見、通報していた。名護署が銃弾を回収し、翌22日には現場に米軍の捜査局を立ち会わせて実況見分を実施。米軍の銃弾と特定した場合の捜査協力などを求めた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間