【東京】日米両政府が米軍普天間飛行場の返還を合意してから20年を迎えた12日、関係閣僚らは記者会見で、同飛行場の固定化回避を強調しつつ、名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」との従来の政府見解を繰り返した。  菅義偉官房長官は「辺野古移設に必要な埋め立て承認に何ら瑕疵(かし)はない。