米軍普天間飛行場が建設された場所は沖縄戦の前、宜野湾村(当時)の集落があった。村役場や宜野湾国民学校もあり、南北には宜野湾並松(ジノーンナンマチ)と呼ばれた街道が走る生活の中心地だった。  宜野湾市史によると、沖縄戦前年の1944年、宜野湾村には22の字があり、人口は1万3635人だった。