【東京】「報道の自由」が危機に直面しているとして、全国の報道関係者でつくる「良心宣言実行委員会」は1日、都内でシンポジウムを開いた。東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者と沖縄タイムスの阿部岳記者が講演し、メディアと政権の「一体化」に警鐘を鳴らした。