沖縄タイムス+プラス ニュース

普天間返還合意20年[4]ヘリ墜落 脅かされる命 US Military Helicopter Crashes and Burns at Okinawa International University Next to MCAS Futenma

2016年4月17日 20:35

 2004年8月13日、午後2時18分。宜野湾市の沖縄国際大に、米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落し、炎上した。周辺には部品やコンクリート片が散乱、機体の一部は乳児が眠る部屋の壁を突き破った。

米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落した沖縄国際大=2004年8月13日、宜野湾市

 墜落してまもなく、隣接する普天間飛行場からフェンスを乗り越えて来た米兵が現場周辺を封鎖し、構内を占拠した。県警や宜野湾市消防は米軍の管理下に置かれ、現場に入ることすら許されず、報道陣や学校関係者も退去を強要された。

 立ちはだかったのは、日米地位協定の「壁」だ。17条に基づく合意議事録は、「米軍の財産」の差し押さえには米軍の合意が必要だと規定。米側はこれを盾に県警などの要請に応じず、日本側は原因究明に不可欠な機体の検証すらできなかった。

 あれから11年超。いまだに、「占領状態」を許す不条理は変わっていない。

At 2:18 PM on August 13, 2004, a U.S. Marine Corps CH-53D transport helicopter crashed and burst into flames at Okinawa International University in Ginowan City. Scattered about the area were fragments of both the helicopter and concrete from an administrative building. A section of the fuselage even shot through the wall of a room where a baby was sleeping.

Moments after the crash, U.S. Marines, who came over the fence from the adjacent MCAS Futenma Air Station, sealed off the crash site and occupied the university grounds. The Okinawa Prefectural Police and Ginowan City Fire Department were placed under the control of the U.S. military and not even permitted to enter the site. Members of the media and university officials were also forced to evacuate the area.

What precisely prevented Japan from taking any action was the “barrier” that had been erected by the Japan-US Status of Forces Agreement. The Agreed Minutes to the Agreement under Article 17 of the Japan-U.S. Security Treaty specify that the consent of the U.S. military is necessary for seizure of “U.S. military property.” The United States used this agreement as a shield for not acceding to requests by the Okinawa Prefectural Police or others to even inspect the aircraft, which is a necessary step to determine the cause of the crash.

Over 11 years have passed since that day and there still has been no change in this provision ? absurd as it is ? which effectively authorizes “occupation.”

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。