2004年8月13日、午後2時18分。宜野湾市の沖縄国際大に、米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落し、炎上した。周辺には部品やコンクリート片が散乱、機体の一部は乳児が眠る部屋の壁を突き破った。