日米両政府が普天間返還の実現に向けた「唯一の解決策」と繰り返すのが、約50キロ離れた名護市辺野古への移設だ。米海兵隊キャンプ・シュワブの陸上部と沿岸160ヘクタールを埋め立てた土地に、V字形の2本の滑走路を持つ飛行場を建設する。  翁長雄志知事や稲嶺進名護市長は、この計画に反対している。