沖縄タイムス+プラス ニュース

普天間返還合意20年[6]辺野古に巨大基地建設 県は反発 Plans for Construction of Massive New Base at Henoko Okinawa oppose

2016年4月17日 20:33

 日米両政府が普天間返還の実現に向けた「唯一の解決策」と繰り返すのが、約50キロ離れた名護市辺野古への移設だ。米海兵隊キャンプ・シュワブの陸上部と沿岸160ヘクタールを埋め立てた土地に、V字形の2本の滑走路を持つ飛行場を建設する。

名護市辺野古沿岸

 翁長雄志知事や稲嶺進名護市長は、この計画に反対している。弾薬搭載エリアや全長271.8メートルの係船機能付き護岸、タンカーの接岸できる燃料桟橋も整備するため、「普天間より機能が強化される」というのが理由の一つだ。

 また戦後71年たった今も、日本の国土面積の0.6%に過ぎない沖縄に、在日米軍専用施設面積の74%が集中する状況で、さらに新たな基地が完成すれば、負担の固定化につながるなどと訴えている。

 日本政府は2014年7月に事業着手、15年10月から埋め立て本体工事を始めたが、埋め立てに必要な承認を翁長知事が取り消したため、ことし3月から工事を中断している。取り消しが適法か、違法か、について総務省の第三者委員会や裁判所で争う事態になっている。

 新基地建設に反対する市民らがシュワブのゲート前や海上で監視、抗議活動を続けていることから、移設作業は難航している。

Both the United States and Japanese governments sing the same song that the “only solution” for a return of MCAS Futenma is to relocate the facility to Henoko in Nago City, approximately 50 km away. The plan is to construct a V-shaped airfield with two runways on reclaimed land totaling 160ha, comprising the coastal and land areas of U.S. Marine Corps Camp Schwab.

Governor Takeshi Onaga and Nago City Mayor Susumu Inamine oppose this plan. One reason is that the “new base will be a more enhanced operation of MCAS Futenma” as it will include an ordnance assembly area, 271.8m berth for mooring ships, and fuel pier where tankers would be able to dock.

In addition, both Governor Onaga and Mayor Inamine have called attention to the fact that, still today 71 years after World War II, 74% of the area occupied by U.S. military facilities in Japan is concentrated in Okinawa, a prefecture which comprises no more than 0.6% of Japan’s total land area. Furthermore, a completion of this new expanded base will lead to a further entrenchment of this burden, making it permanent.

In July 2014, the Japanese government started work on the project. Full-scale reclamation work began in October 2015, but Governor Onaga revoked the approval necessary for land reclamation, so work was halted in March. Whether or not this revocation was lawful or unlawful is being contested in court and a third-party committee under the Ministry of Internal Affairs and Communications.

At sea and in front of the Camp Schwab gate, residents and others opposed to construction of the new base have continued to monitor and protest the relocation activities. So, the project has encountered trouble.

ジュゴンや希少な藻場にサンゴ群 多様な生態系育む海 Fertile Sea of the Dugong

 普天間飛行場の移設先とされる辺野古沿岸域は、国の天然記念物ジュゴンが事業実施区域とその周辺で海草藻場を食(は)んだ跡が確認されるなど、ジュゴンの生息域の北限と考えられる。

 準絶滅危惧種のボウバアマモ、リュウキュウアマモ、リュウキュウスガモなどの海草藻場が広がり、日本固有種のクビレミドロも分布。マングローブ林では多様な生態系をつくり、ユビエダハマサンゴ群落、大規模なアオサンゴ群落など注目すべきサンゴ群落も確認されている。

 県の「自然環境の保全に関する指針」(1998年)で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1と評価されている。

 一方、周辺の集落では飛行場完成後の航空機騒音やオスプレイの低周波音の影響で、生活環境の悪化が懸念されている。

The coastal area of Henoko, where MCAS Futenma is to be relocated, comprises the northern range of the Dugong habitat. Here, evidence has been found that the protected species feeds on seagrass meadows in the project execution zone and surrounding areas.

There are broad swaths of threatened species of seagrass, including the Syringodium isoetifolium, Cymodocea serrulata and Thalassia hemprichii. The area also contains distributions of Pseudodichotomosiphon constricta Yamada, which is indigenous to Japan. Mangroves create a diverse ecosystem where distinct coral communities have also been identified, such as Porites cylindrica and large communities of Blue coral.

Under the Okinawa Prefecture “Guidelines on Preservation of the Natural Environment” (1998), the Henoko sea area has been rated as Rank 1 zone, which signifies an “area where efforts must be made for strict conservation of the natural environment.”

There are also concerns that, after the airfield is completed, aircraft noise and low-frequency sound waves generated by the Osprey will lead to a deterioration of the living environment in the surrounding communities.

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。