【糸満】青い卵を産む鶏が市内にいる-。うわさを追って南城市北波平の上原養鶏場を訪ねると、南米原産で世界で唯一、青い卵を産む鶏「アローカナ」がいた。古代インカ帝国時代から、人間による品種改良をほぼ受けていないという。自然に近い品種の鶏の卵は、食による健康づくりを目指して直売されている。