沖縄県生活衛生課は13日、金武町の鮮魚店から買ったバラハタ(ナガジューミーバイ)を調理して食べた50代の男女2人が食中毒になったと発表した。料理からシガテラ(シガトキシン)が検出され、県は同店を13日から5日間の営業停止処分とした。