認可保育園の新規開設を巡り、近隣住民が「子どもの声がうるさい」などの理由で反対し、断念や延期に追い込まれるケースが沖縄県内で昨年4月以降、北谷町と宜野湾市で2件あることが13日、分かった。共同通信が待機児童の多い首都圏など9都府県に実施した調査では、同様の事例が少なくとも10件に上ることが判明。